セリフでマスター!毎日英語塾 第3734号 リーディング

セリフでマスター!毎日英語塾かんたん学習ガイド:

  1. 学習コンテンツは「レクチャー&ワーク」および「くわしい解答&解説」となっています。
  2. それぞれの英語学習コンテンツの指示に従ってレクチャー&ワークを実践下さい
  3. 専用のノート等を各自ご用意頂くとより楽しく効果的に学習を進めて頂くことが出来ます。
  4. ワークの実践後は「解答・解説」コーナーで答え合わせを行い、理解を深めましょう。
  5. 「解答&解説」はプレミアム受講生専用となっています。アップグレードはこちらよりどうぞ。

このコーナーでは日常会話の定番質問に対する回答を英語で考え、あなた自身の「セリフ」として覚えることで英会話力を向上させます。自分で考えることがとても重要ですので、回答例を見る前に必ずご自身で回答を英語で口から出して見て下さい

今日の英会話の定番質問と返答例:「犯罪」に関する表現(14)

Have you ever been a part in a crime?

「あなたはこれまでに犯罪に加担したことがありますか?」

【参考発音】音声を聴き取り、そのまま真似て大きな声で発音してみましょう。

(be) a part in ~で「(活動などで)~に参加する・活躍する」「(犯罪等)~に加担する」といった意味があります。have a part in ~も同じ意味です。

  返答例とくわしい解説:【* こちらはプレミアム受講生専用コンテンツとなります】

[swpm_protected for=”3-4-5″ format_protected_msg=”1″]

Of course not. I have never done such a thing.

「もちろんありません。そんなこと、一度もやったことがありませんよ」

【参考発音URL】音声を聴き取り、そのまま真似て大きな声で発音してみましょう。

これは是非覚えておきたい返答系表現の一つですが、Of course なら「もちろん」、これに not をつけて Of course not とすると「もちろん、そんなことはない」という否定の強調表現になります。

have never + 過去分詞で「一度も~したことがない」という意味、ここでは have never done such a thing で

「そんなことは一度もしたことがない」という現在完了形の否定表現となります。

[/swpm_protected]

【専門講座】リーディング:投稿英文を使った読解ワーク

それでは、今週のリーディングでは以下の英文記事を読んでみましょう。UPI Odd News からアメリカ・テネシー州で見つかったボブキャットという野生ネコの赤ちゃんに関する記事です。

Kitten’ rescued by Tennessee couple turns out to be a baby bobcat

A Tennessee animal rescue group said a couple who brought in a kitten they found on their back deck were shocked to learn the animal was a baby bobcat. True Rescue in Mount Juliet said in a Facebook post that a couple came in on Friday with a kitten that ran up to the humans on the back deck of their home.

The couple sought “emergency placement” for the homeless kitten, the rescue group said. The rescue said the couple were surprised when rescue staff told them the animal they had was a bobcat kitten.

“A half an hour later, and off he went to our friends at Walden’s Puddle with one of our volunteers. Never a dull moment at True Rescue,” the post said.

https://lofty-eigo.com/39JXAUd

それほど難しくはありませんが、初心者は以下の注意すべき語句・表現を先に確認しておくと読解しやすいでしょう。

詳しい和訳と解説は一番下の「デイリーワーク」の解答&解説コーナーでご紹介しますので、きちんと読解出来たかどうか確認しましょう。

注意すべき語句・表現:

kitten 「子猫」

(be) rescued by ~「~によって救助・保護される」

turn out to be ~ 「結局・最終的に~であると判明する」「結局・最終的に~になる」

bobcat「ボブキャット」

ネコ科に属するオオヤマネコの仲間で大型の野生ネコのこと。

Tennessee animal rescue group 「テネシー州の動物保護団体」

bring in ~「~を持ち込む」

brought は bring の過去・過去分詞形。

back deck 「(家の裏庭の)デッキ」

日本の住宅ではあまり一般的ではありませんがアメリカの住宅には backyard「裏庭」があり、そこに「(ウッド)デッキ」があります。広いベランダみたいなものですね。↓↓↓ こんなのです。

(be) shocked to learn ~「~であることを知って驚かされる」

Mount Juliet 「マウント・ジュリエット」

アメリカ・テネシー州にある市。

run up to ~「~の方へ駆け上がる」

ran は run の過去形。

seek「探す」

sought は seek の過去・過去分詞形。

emergency placement 「緊急の保護施設」

a half an hour later 「30分後」

go off to ~「~に行く・赴く・出かける」

Walden’s Puddle

アメリカ・テネシー州にある野生動物保護施設。

volunteer「ボランティア」

never a dull moment 「いつも面白いことがある」「退屈しない」

post 「投稿」

詳しい和訳と解説は一番下の「デイリーワーク」の解答&解説コーナーでご紹介しますので、きちんと読解出来たかどうか確認しましょう。

【必修講座】新ライン習得とボキャブラリー構築

毎回一つの語句や表現をご紹介しますので、インプットした語句や表現を使って例文を英訳してみましょう。もちろん辞書等を使っても構いません。最後にあなたが英訳した文が正しいかどうか、解説を読んで復習してみて下さい。

今日のインプット&アウトプット練習:have a good laugh

今日も英会話で使える短い表現を一つご紹介しましょう:

have a good laugh

「思う存分笑う」「大笑いする」

【参考発音URL】音声を聴き取り、そのまま真似て大きな声で発音してみましょう。

good は「良い」という意味ですが、ここでは「十分な」という意味で have a good laugh で「思う存分笑う」「大笑いする」といった意味になります。

特に at を続けて have a good laugh at ~ の形で「~のことで思う存分笑う」という意味の定番表現になります。

今日はこの表現を使ったアウトプットを実践してみましょう。以下の例文を先に自力で英訳し、その後に解説を読んで復習して下さい

● 例文:

「私たちは皆、そのお笑い芸人の面白いジョークに大笑いした」

  英訳例とくわしい解説:【* こちらはプレミアム受講生専用コンテンツとなります】

[swpm_protected for=”3-4-5″ format_protected_msg=”1″]

「私たち」は We、これに all をつけて We all とすれば「私たち全員」という意味になります。これに今回インプットしたhave a good laugh at ~ を続けましょう。

「お笑い芸人」は comedian で OK ですね。「面白いジョーク」はどうでしょうか。funny でも良いですが、ここでは hilarious という形容詞を使ってみましょうか。「とても面白い」「陽気な」という意味です。

それでは全体をまとめてみましょう:

We all had a good laugh at the comedian’s hilarious joke.

「私たちは皆、そのお笑い芸人の面白いジョークに大笑いした」

【参考発音URL】音声を聴き取り、そのまま真似て大きな声で発音してみましょう。

もちろん、言葉というのは正解が一つではありませんから、他にもさまざまな言い方・表現のバリエーションが考えられます。ガチガチではなく柔軟に捉えるようにしてみましょう。

また、アウトプットでは参考発音の音声を参考に、自主的に何度も音読してみて下さい。発音が良くなり、スピーキング力が養われます。

● その他の語句・表現:

comedian 「コメディアン」「お笑い芸人」

hilarious「とても面白い」「陽気な」

[/swpm_protected]

【デイリーワーク】投稿英文を使った読解ワーク

以下の引用投稿英文を読み、内容を理解しましょう。その後、和訳と解説を読み、しっかりと復習して下さい:

Kitten’ rescued by Tennessee couple turns out to be a baby bobcat

A Tennessee animal rescue group said a couple who brought in a kitten they found on their back deck were shocked to learn the animal was a baby bobcat. True Rescue in Mount Juliet said in a Facebook post that a couple came in on Friday with a kitten that ran up to the humans on the back deck of their home.

The couple sought “emergency placement” for the homeless kitten, the rescue group said. The rescue said the couple were surprised when rescue staff told them the animal they had was a bobcat kitten.

“A half an hour later, and off he went to our friends at Walden’s Puddle with one of our volunteers. Never a dull moment at True Rescue,” the post said.

https://lofty-eigo.com/39JXAUd

  和訳とくわしい解説:【* こちらはプレミアム受講生専用コンテンツとなります】

[swpm_protected for=”3-4-5″ format_protected_msg=”1″]

● 和訳とくわしい解説:

テネシー州で保護された”子猫”、ボブキャットの赤ちゃんと判明:

「テネシー州の動物保護団体によると、同州に住む夫婦が自宅裏庭のデッキで発見した子猫を連れて来たところ、ボブキャットの赤ちゃんであることが判明し驚いた様子であったという。マウント・ジュリエットにある True Rescue は金曜日、ある夫婦が自宅裏庭のデッキで自分たちに走り寄ってきた子猫を連れて来たとFacebook に投稿した。同団体によると、この夫婦は家の無い子猫のために”緊急の保護施設”を探しており、スタッフが子猫がボブキャットであることを伝えると夫婦は驚いた様子だったという。『30分後、子猫はただちにボランティア職員と共に Walden’s Puddle の我々の知り合いの元に運ばれました。True Rescue ではいつも面白いことが起きます。』と投稿されている。」

はい、ということで今回は「ボブキャット」の赤ちゃんに関する英文記事でしたが、いかがでしたか?

調べてみると、アメリカ・テネシー州ではボブキャットの赤ちゃんが飼い猫の子ネコと間違われてよく保護されるそうです。かなり人懐こいみたいですね。

[/swpm_protected]

以上、今日のレクチャーはここまで!お疲れさまでした~。

自分に合った英語の学習法がわからない?それなら…

もしあなたに合った英語の勉強法がわからない…ということであれば、以下の質問フォームよりどんなことでもお尋ね下さい。渡邉から直接あなたにピッタリの最適英語学習法とおススメの講座をメールでアドバイスさせて頂きます(ボタンをクリックすると質問フォームが表示されます)。

質問を送って下さった方には以下の「30日間で英語を気持ち良く話せるようになるための3つの即効ヒント」および「英語を話し聴き取れるようになるためにあなたが今スグすべきこと」の2冊の秘密レポートをこっそりプレゼントさせて頂きますのでドシドシ送って下さい~!お待ちしています。